企業型確定拠出年金(DC)

企業型確定拠出年金(DC)

 
スキット株式会社では、福利厚生として企業型確定拠出年金を導入しております。
企業型確定拠出年金とは、会社が掛金を積み立て(拠出)し、従業員が自分で運用しながら受け取る制度です。
また企業型確定拠出年金では、会社が拠出する掛金に加えて、加入者本人が掛金を上乗せして拠出することができます。
このしくみを「マッチング拠出」といいます。
 
加入者が拠出する掛金は全額が所得控除の対象になるため、税制優遇を受けながら老後資金の準備ができることになります。
拠出掛金は、役職により変動させております。また加入には、決められた期間以上の勤務が必要となっております。
確定拠出年金では、安全性重視の「元本確保型商品」や収益性重視の「投資信託」などから好きな運用商品を組み合わせて運用します。
どの運用商品を組み合わせるのかによって、将来受け取る金額は異なります。
原則60歳以降の受け取り(一時金や年金)となるため、老後資金を準備することができます!最近では、60歳を超えて再雇用や定年引上げによって継続勤務する方が増えているため、企業型確定拠出年金も70歳まで加入できる流れになるようです。
 
※60歳未満でも受け取ることができるケースとして
政令で定める障害状態となった場合(障害給付金)
ご本人が亡くなった場合(死亡一時金)
一定の要件を満たした場合(脱退一時金)
このような場合には、受け取ることが可能となります。