12883

付加価値パンフレット

おはようございます!

圧着DM専門店は「圧着DM専門店」という名称で商標登録しております。

皆さんは、活字本を読んでいますか?
活字離れと言われておりますが、確かに外出時にちょっとした情報を得たりするのにスマートフォンを取りだして「シュシュ」とネットサーフィン(※今では、ほぼ使われないのかもしれない・・・)している人がほとんどかも。70歳前のうちの親もスマートフォンで全く問題なく使えているのだから時代はどんどん変わって凄いと実感。しかし、私は逆に活字最近よく読むようになってきているのです。新聞等はちょっとした時間があれば良いのですが、文庫などについては、落ち着いて集中できる時間や場所がないと話の内容を繋げることが難しくはなりますが、以前よりも文庫は読んでいます。また今日も村上春樹の「騎士団長殺し×第1部」進めたいと思います。

さて皆さんの会社で使われる「パンフレット」ですが、ちょっと変わったパンフレットとして作ってみませんか?

「会社案内や商品のパンフレット」日本では、A4サイズの規格で作られる事がほとんどです。
1枚の表裏であったり、2枚の情報だとA3を二折りにして使われたりします。
ダイレクトメールを作っている業界では、圧着という技術を用いて仕上がりはハガキサイズだけど、ハガキの2倍・3倍という情報をお客様にお届けするお仕事をしております。この技術を用いて、仕上がりは、「A4サイズ」だけど、A4サイズの2倍という情報を盛り込む「カタログやパンフレット」を作ることが出来るのです。

このような、見開きでA3サイズのパンフレットをA4に圧着する事で
圧着された面を「捲る(めくる)」という工程でお客様に印象付ける事が可能となるのです。

通常はダイレクトメールの加工で使われている技術をパンフレットでも使ってみませんか?

初回お試しという事で、1000部まで送料込みで「5,000円」にて制作が可能となっております。
圧着A4」という商品ですが、資料請求で「サンプル」の送付可能です。

一度サンプルご覧になって、パンフレットに「ひと工夫」入れてみませんか?
このようなパンフレットは、間違いなく「珍しい」ので、商談で盛り上がる事は間違いありません!

実は、当社の名刺も酉年にちなんで「鳥」の形をした名刺を使っております。
資料請求の際には、またビックリされる事は間違いありません!

他社といかに差別化して行くか。知恵を使っていきましょう!