お知らせ

圧着DMについて、

圧着DMという言葉を皆さんご存知でしょうか?


圧着ハガキ専門店看板画像

形は、上記画像のような物なのですが、会社やご家庭で届くDM(ダイレクトメール)をマジマジとみる事はございますでしょうか?私は職業柄毎日会社や自宅に届くDMを眺めております。何か吸収できるものがあれば、すぐにでも活かしちゃおう!というつもりだからです。DMを眺めていると実は、色々な大きさがある事に気づきます。一番多いのは、「ハガキ」サイズです。郵便局では、一般的に「定形ハガキ」と読んでいるものです。つぎは、「封書」サイズです。郵便局では、一般的に「定形封書」と呼ばれているものです。つぎに、「角2」サイズです。郵便局では、一般的に定形外と呼ばれております。


まずは「ハガキ」のサイズですが、
郵便局で定められているのが、短い辺が「90~107ミリ」長い辺が「140~154ミリ」以下で仕上がっていること。
そしてハガキの重量も「2.0g~6.0g」未満という部分も必ずクリアしなければいけません。
いわゆる軽すぎてもダメですし、重すぎてもダメということです。


次に、上記のサイズや重さで仕上がっていれば、何でも良いわけでもありません。
必ず「郵便はがき(ハガキ)」もしくは「Post card」という文字を決められたスペースに入れる必要があります。これが入っていない事で「郵便はがき(ハガキ)」と見なされず作り直しや追加で印刷というアクシデントもよく聞く話です。


ハガキ圧着V折


また、上記画像のように「圧着ハガキ」という特殊なハガキをご存知でしょうか?
最近はよく目にするハガキとなりますが、捲(めく)れるハガキとなっております。中身が見えない様に郵送する事ができるので、金融・証券会社関係でセキュアーな情報をお客様に送付する事に利用されていました。しかし最近は、同じ郵便料金で郵送できるのならという事で、BtoB(BusinessToBusiness)やBtoc(BusinessToConsumer)問わず使われるようになってきました。一応ルールとしては、ハガキについては、中身が袋とじ(ふち糊)ではなく、完全に密着(圧着)させた状態で郵送できるようなルールが設定されているようです。


はがき ハガキ圧着V折 ハガキ圧着Z折 ハガキ圧着往復


上記の画像は、順番に定形ハガキから圧着ハガキのV折り、圧着ハガキのZ折り、圧着ハガキのL折り
といったハガキですが、なぜ「V折り・Z折り・L折り」と呼ぶかについて最後に説明を行いたいと思います。
「V折り」とは、圧着されたハガキを捲り机などに立て上から見ることで「V」に見えるため
「Z折り」とは、圧着されたハガキを捲り机などに立て上から見ることで「Z」に見えるため
「L折り」とは、仕上がったハガキを机などに立て上から見ることで「L」に見えるため
こういった理由から「V折り・Z折り・L折り」と言われているのです。


いろいろあるでしょ~
そんな圧着DMの制作は、圧着ハガキの制作を中心に累計2445万部(2016年12月末時点)を突破いたしました。
圧着DMの実績で日本一!品質で日本一!使いやすさ(お値段)で日本一!を目指して参ります。