部署紹介

出力部

高松成七美

出力高松
Qどんな仕事をしていますか?
A

まず初めに「出力」という言葉になじみがないという方もいらっしゃるかと思いますが、出力とは入力されたものを外部へ送り出すこと/アウトプットという意味があります。当社の出力部では、主にお客様からお預かりしたデータ(入力)を印刷に適しているかのチェックを行い、印刷の際に使用される「版」と呼ばれるアルミの板にデータを焼き付ける(アウトプット)作業をしています。宛名印字やナンバリング、オンデマンド印刷等も行っています。

Q仕事のどんな所にやりがいを感じますか?
A

直接お客様と接する機会は少ないですが、商品お届け後のお客様からの感謝や喜びの声を営業WEB部経由でお聞きすることが本当に嬉しくて、今後も頑張っていこうという活力になっています。また毎日同じデータではなく常に新しいデータを取り扱っていくということも、チェック時には絵柄はもちろん注意すべき点や確認事項がお仕事によって変わってくるので刺激になり、日々勉強の毎日にやりがいを感じております。

Qあなたからみた「スキット」はどんな会社でしょうか?
A

ルールやマナーを重んじる、印刷業界では製版時代から続く歴史のある会社であり、常に新しいことを吸収し取り入れようとアンテナを張る、時代への適応と成功への歩みを止めない会社であると思います。 また、社員一丸となって「多能工化」を目指し、社員一人一人がスキルの向上を考え、自分の意義を見出しながら真っすぐに働ける環境です。
社員同士の交流も大切にしてくださり、和気あいあいとした職場環境を自慢出来る会社でもあります。

Qあなたの今後の目標や野望を教えて下さい
A

現在出力部は上司二人と私で構成されています。まだまだ仕事面でも生活面でも未熟だと実感している私は、お二人の視野の広さに常々圧倒されています。部門内だけでなく、社員の皆さんや社外の方の良いところをよく観察し積極的に取り入れ成長すること。共に仕事させていただけていることが誇らしく素晴らしい上司と肩を並べ仕事をすること。行く行くは一緒に部門を守っていけるような存在(人財)になることが私の大きな目標です。