部署紹介

私たちは、お客様、お取引企業を「パートナー」と考え共に成長する事を目指します。

製本部

主任 前田将宏

製本前田
Qどんな仕事をしていますか?
A

製本というと言葉通り本を作る仕事と思われる方もいるかもしれませんが、それだけではありません。何百枚も重なっている紙などを必要な大きさに切って仕上げたり、折ったり、ミシン目を入れたり、様々な形状にくり抜いたり、表面にキラキラさせるフィルムを貼ったり、箱などに仕上げるための糊付けを行ったりなど実際に必要となる製品に加工していくのが製本部となります。最終工程なので美しいものに仕上げるよう努力しています。

Q仕事のどんな所にやりがいを感じますか?
A

型抜き機(トムソン)を導入して立体的に仕上がる製品が多くなりました。お客様の求めるものが自分達の想像に追いつかないものもあり驚きと勉強の繰り返しです。複雑な形状のポケットフォルダーやパッケージ等が綺麗に仕上がり喜んで頂けた反応を受け取れるととてもやりがいを感じます。また街中で自分が関わったチラシやポスターなど目にすることがあり誇らしく思うと同時にますますよい商品を作っていこうという刺激になります。

Qあなたからみた「スキット」はどんな会社でしょうか?
A

これから先どうしたらスキットが勝ち組に残っていけるかをよく考えている会社です。機械導入にしても、他社には無いものや今まで以上のものを設置する事で他社との差別化や効率性向上をよく考えています。会社は、印刷にとらわれずスキットにしか出せないオリジナル商品を考えています。また、現状に満足せずもっとより良いものを早くそして割安にて仕上げる事でお客様に喜んでもらえるよう社員全員が一生懸命に取り組んでいます。

Qあなたの今後の目標や野望を教えて下さい
A

「スキットさんなら早くて綺麗で間違いなし」と初めてお仕事をいただいたお客様にもひと目で満足していただける商品を作り続ける事です。またお客様が安心して継続的に発注してもらえるように頑張ります。また国内だけにとどまらず世界を視野に入れていきたいと思っています。今までの目標「ポケットフォルダ日本一」を超える「ポケットフォルダ世界一!」を目指し、社員の力を一つにしてもっともっと会社を大きくしていく事です。