部署紹介

デザイン制作部

水嶋正敏

制作水島
Qどんな仕事をしていますか?
A

私は主に印刷物のデザイン、制作を任されています。もともとこの会社に入社した時は、文字を専門で扱う仕事から始めデザイン・制作の基礎を習い、DTPに取り組み今は画像を中心とした仕事を任されています。その中でお客様の画像データを修正・アドバイスする事も多くなってきています。画像は今ではスマホやデジカメでほとんどのお客様が撮られてきます。印刷物の善し悪しも画像一つで決まる場合も多いので腕の見せ所と思い作業をしています。

Q仕事のどんな所にやりがいを感じますか?
A

やはり、何もない所から自分のアイデアと経験でポスターやカタログ・チラシ等の印刷物を創り、お客様やそれを見た人から高評価やお褒めのお言葉を頂いた時が、今までやってきてよかったと思う瞬間です。ベタですがこれが本当に一番嬉しく思い以後の自分に役立っています。それと自分は、大きなプロジェクトを任される仕事より、お客様と一緒に一つの物を共同で造り上げていく方が、喜びもひと塩で自分としても大きく感じる気がします。

Qあなたからみた「スキット」はどんな会社でしょうか?
A

私から見たスキットは、製版時代の「阪田製版センター」を含めても、個々のスキル(技術)が高い会社だと思っています。「スキットさんは色ずれがないね」や「スキットさんに任せれば、間違いもよく見つけてくれるし・・・」等。自分は営業とは違うので会社の外から自分の会社を見る事はあまり有りませんが、自分がおつきあいさせて頂いている会社の担当者様からそういったコメントを頂くと改めて、スキルが高い会社なのだと実感致します。

Qあなたの今後の目標や野望を教えて下さい
A

漠然としていますが、営業・制作・出力・印刷・製本・事務。スキットの現場力のスキルを結集して、よそ様がまねの出来ない不動の看板商品を創る事が、自分の野望です。スキットはスキルが高い会社です。それぞれの部署がそのスキルを発揮できれば、印刷物にとらわれない、誰も見た事もない商品を創る事も可能だと思います。
自分はこれからの時代を、切り開いていくかもしれない可能性を秘めた、スキットのスキルがたくさん詰まった商品を見てみたい。